Command+Eye

ホワイトボードを再定義! 会議の中身ががらりと変わる!

GoogleのJamboardで描く新しい“コラボ”のカタチ

文●大須賀淳

Mac Fan独自の視点で、アップル周辺の最新ニュースや話題に切り込む!

さまざまなサービスで「働き方」を大きく変えてきたGoogleが、ゼロから設計したクラウド型デジタルホワイトボード「Jamboard」が日本に上陸した。従来のホワイトボードと比べてどこがすごいのか。Jamboardによってミーティングはどのように変わるのか。Google担当者に話を聞いた。

 

ゼロからデザイン

ミーティングの場に欠かせないアイテムのひとつである「ホワイトボード」。普段から何気なく使っているが、よくよく考えると何かと不便な点も多い。手描きしかできない、汚い字だと読みにくい、描いた内容の保存や共有、再現が難しい、使用後にきれいにしなければならない。時々マーカーがインク切れしていたりする…。

このデジタル全盛の時代において、不思議なほどなアナクロなまま残されていたホワイトボードという存在。「世界中の情報を整理し、世界中の人々がアクセスできて使えるようにする」というミッションのもと、ビジネスの分野でも情報をデザインするグーグル。企業における生産性の向上や働き方改革を推進するために提供しているグループウェア「Gスイート(G Suite)」では、メールやビデオ会議、オンラインストレージ、ファイル共有などさまざまなツールを提供しているが、「最後の1ピース」として残っていたのが、このホワイトボードだった。そして、その打開策としてグーグルが2018年8月から発売開始したのが、クラウド型のコラボレーション用デジタルホワイトボード「ジャムボード(Jamboard)」である。

「ジャムボードは、従来のホワイトボードの単なる置き換えではありません。現在のビジネスにおけるホワイトボードの理想的なカタチとは何か。遠隔地にいる人も含めてスムースに作業するにはどうすれば良いのか。あらゆる角度から見つめ直し、いちからデザインした製品なのです」(Google Cloud ストラテジック アカウント スペシャリスト・武市憲司氏)

 

  • a19d18d733487f49539bedeac94345d1.jpg
  • 01b67d54f4502cb40fa68eb64ad1c1cf.jpg

Jamboardは、55インチ型4Kディスプレイを搭載。キャスター付きで移動も容易な専用スタンドと組み合わせることでオフィス内の自由な場所で利用できる。電源以外のケーブルも不要。スタイリッシュさと機能性を兼ね備えた利用が可能だ。価格は、本体が64万円、スタンドが17万3000円のほか、G Suiteの年間ライセンス7万7000円が必要となる(いずれも税抜)。

 

  • 4cba7991b3fbba52bad0b12d56865329.jpg

Google Cloud ストラテジック アカウント スペシャリスト・武市憲司氏(左)と、Google Cloud セールス&チャネルリード・中田一成氏(右)。




続きを読むためにはログインが必要です。
月額720円ですべてのコンテンツの閲覧が可能になります。
下のボタンより、お申込手続きを行ってください。

  • ログイン
  • 会員登録

同カテゴリ記事一覧