Command+Eye

ハードウェアの変化とともにソフトウェアデザインも進化する

フラットデザインの次に訪れる「フルイドインターフェイス」の時代

文●氷川りそな

Mac Fan独自の視点で、アップル周辺の最新ニュースや話題に切り込む!

2017年後半に発売されたiPhone Xを機に、AppleはiPhoneに長年搭載してきたホームボタンを取り去る決断をした。こうした大きな「ハードウェア革命」と同時に進められたのが、「フルイドインターフェイス」と呼ばれるUIへの世代交代である。

 

求められる新しいUI

コンピュータデバイスにおいて、その操作を司るUI(ユーザインターフェイス)やUX(ユーザ体験)は不変なものではなく、むしろ時代やデバイスの進化に合わせて絶えず変化していくものである。これはアップル製品でも同様だ。

2007年、最初のiPhoneが登場したときのUIは「スキューモーフィズム(Skeuomorphism)」と呼ばれた。ほかの物質に似せるために行うデザインや装飾をする手法で、アプリの中ではリアルでクラシカルなコンパスや紙のテクスチャ素材を施したメモ帳、革張りのカレンダーといった構成パーツがそれにあたる。

これは「メタファー(暗喩)」であり、スマートフォンという新しいテクノロジーを現実にあるモノになぞらえることで、使い方を推測しやすくする技法である。

これが「直感的で使いやすい」という、iPhone独自の体験を作り出す基盤となったが、やがてこの手法は限界を迎える。スキューモーフィズムは実在しない機能をUIパーツにできない。即ち、メタファーの枯渇が始まったのだ。

これを解決するために2013年、iOS 7から提示されたのが「フラットデザイン(Flat Design)」である。iPhoneが発売されて6年が経ち、ユーザがモバイルインターフェイスに慣れ親しむのに十分な時間が経った。これを鑑みたアップルはコンテンツの質や、アプリの機能といったより本質的な部分にフォーカスすることを推奨。この理念に基づき、パーツから素材的なテクスチャ感や立体感は極限まで抑えるデザインへと移行が始まる。そしてUIは画面の隅々まで活用することができるようになった。

これはモバイルデバイスの画面が年を追うごとに大型化していったことにも関係している。もっと広く、見やすく。そう追求し続けた結果、2017年に登場したiPhone Xではホームボタンすらも排した「ベゼルレス」の全画面時代へと突入する。手のひらいっぱいに広がるアプリの世界は、境界線を意識せずより没入感の強い体験を提供するようになった。




続きを読むためにはログインが必要です。
月額720円ですべてのコンテンツの閲覧が可能になります。
下のボタンより、お申込手続きを行ってください。

  • ログイン
  • 会員登録

同カテゴリ記事一覧