Command+Eye

インターネット共有のイライラを解消したい!

切れるテザリングは秘策「Wi-Fi+Bluetooth」で解決!

文●中村朝美

Mac Fan独自の視点で、アップル周辺の最新ニュースや話題に切り込む!

MacBookやWi-FiモデルのiPadを外で使うときに欠かせないのが「インターネット共有」、いわゆるテザリングである。しかし、MacBookやiPadのロックを解除したとき、自動で再接続してくれないことがしばしば…。そんな不満を解消する方法をついに発見した。

 

ブルートゥースをフックに

iPhoneのインターネット回線で他のデバイスもネット接続できるテザリングは大変便利だが、ひとつ問題点がある。バッテリ消費とデータ通信量の観点から、無通信状態が90秒続くとオフになる仕様により、デバイスのロックを解除するたびにWi-Fiの接続操作が必要になってしまう。

ネットを検索するといくつかソリューションが見つかる。もっとも多いのがブルートゥース(Bluetooth)でテザリングする方法だ。たしかに切れづらいのだが、通信速度は1~2Mbpsまで落ちてしまう。ブルートゥースのハードウェアスペックなのだから仕方がない。

また、iPhoneのスクリーンロックをオフにして、インターネット共有画面を出したままにするという方法もある。が、バッテリがものすごい速さで減ってしまう。輝度を最低にしても焼け石に水だった。

このように試行錯誤を続けていたが、ある日ひらめいたのである。インターネット共有が90秒で切れるのは、Wi-Fiのみの仕様である。それなら、Wi-Fiとブルートゥースの両方でつなげればいいのではないか?

まずは、iPadで試してみた。Wi-Fiのみのテザリングでは、数分スリープしただけで切れてしまい、「設定」からテザリングを再開せねばならなかった。しかし、ブルートゥースと同時接続だとまったく切れなくなった。外出時に検証したところ、5時間以上インターネット共有が持続した。

 

バッテリの大量消耗に注意

次に、MacBookの場合だが、こちらは多少の設定が必要だ。とはいえ、Macのシステム環境設定の[ネットワーク]パネルでiPhoneとの自動接続をオンにしつつ最優先にして、[省エネルギー]パネルで自動スリープをオフにするだけ。こうすると連続3時間以上テザリングが持続した。ちなみに、MacBookが完全にスリープしてしまうと、テザリングは切れてしまうので、ディスプレイは閉じないようにしておく必要がある。




続きを読むためにはログインが必要です。
月額720円ですべてのコンテンツの閲覧が可能になります。
下のボタンより、お申込手続きを行ってください。

  • ログイン
  • 会員登録

同カテゴリ記事一覧