Command+Eye

現実よりデジタル空間のほうが楽しいのは事実だけども

スクリーンタイム機能でiPhone使いすぎを防止できるか?

文●らいら

Mac Fan独自の視点で、アップル周辺の最新ニュースや話題に切り込む!

iPhoneやiPadの使用時間を可視化し、管理できる新機能「スクリーンタイム」がiOS 12でリリースされた。スマホ中毒が社会問題化する今こそ、大人も子どももスクリーンタイムで時間の使い方を見直したい。本当に使いすぎを抑制できるのか試してみた。

 

誰もが画面に集中する世界

iPhoneの誕生によって、世界は大きく変わった。今や人々はスキマ時間を見つけては、画面を覗き込み、せっせと情報を取り込む。電車に乗ると、全員がスマホに集中している光景は、もはや当たり前のものとなっている。近年は、スマホ依存による平均睡眠時間の減少や、歩きスマホなどが社会問題化し、さまざまな悪影響が懸念されている。

そんな状況を問題視し、IT業界では、デバイスの利用時間を見直そうとする動きが活発化している。いわゆる「デジタル・ウェルネス」や「デジタル・ウェルビーイング」と呼ばれる考え方だ。

「wellness」「well-being」とは、身体的・精神的・社会的に健康で、すべてが満たされた良好な状態を指す言葉である。テクノロジーと実生活のバランスが崩れた状態は心身に不調をきたしており、幸福な状態とは言えない。そこで、個人がデバイスとの向き合い方を見直し、必要であれば改善する。さらに、デバイスを活用することで、心身ともに健康になるよう目指すのが、デジタル・ウェルネスの世界だ。

グーグルは2018年5月、最新OSのアンドロイド 9 パイ(Pie)に、スマホの利用習慣を見直す「デジタル・ウェルビーイング」機能を採用することを発表した。6月にはアップルも同様に、iOS 12で「スクリーンタイム」機能を追加することを発表した。IT企業にとっても、過剰な利用によってプロダクトが問題視されるより、人々が安全かつ健康的に使い続けられるほうが、長期的利益につながると判断しているようだ。

 

  • 8972ced9f570284f62fd59d7753ea979.jpg

photo●Shutterstock.com




続きを読むためにはログインが必要です。
月額720円ですべてのコンテンツの閲覧が可能になります。
下のボタンより、お申込手続きを行ってください。

  • ログイン
  • 会員登録

同カテゴリ記事一覧