くらしの本棚

20016_1708200_s.jpg

購入形態

固定EPUB
1,188円
数量:

カートに追加されました。カートを見る

カートに入れる
>>電子書籍の読み方はこちら<<

どうする?親のお墓 自分のお墓

主婦の友社

親の墓守が負担、姑と同じ墓には入りたくない。親と自分のお墓で悩んだ体験者が問題をどう解決したのかがわかるお墓問題の書。

【電子版のご注意事項】

※一部の記事、画像、広告、付録が含まれていない、または画像が修正されている場合があります。

※応募券、ハガキなどはご利用いただけません。

※掲載時の商品やサービスは、時間の経過にともない提供が終了している場合があります。

以上、あらかじめご了承の上お楽しみください。











親の墓守が負担、姑と同じ墓には入りたくない。親と自分のお墓で悩んだ体験者が問題をどう解決したのかがわかるお墓問題の書。



「親の家を片づける」問題と同様、核家族急増時代の深刻な悩みが「お墓」です。

親のお墓、自分のお墓に困っている方々の体験談からどんなトラブルや悩みがあり、

大変な問題をどう向き合って解決したのか、根底には親子のどんな問題があるのかがわかります。

そして解決のためにどういった選択肢があるのか、どこに相談したらいいのかがわかる、現代人必読の1冊です。

昔は長男が先祖代々の墓を守っていくのが当たり前だったのに、

いまではお墓を守ることは残された子供達にとって大きな負担。墓守はしたくない、

通いやすい場所に移したい、永代供養にしたいなど、希望も多様化しています。

兄弟親族間の考え方の違いで揉め事に発展するケースも少なくありません。

いじめられた姑と同じ墓に入りたくない、夫と一緒の墓はイヤ、実家の墓に入りたい、

お一人様の自分の墓はどうしたらいいのか。親の墓だけでなく、子世代のお墓の悩みにも迫ります。

発売日:2018-04-24