岩村圭南

【英語は真似るが勝ち!─ オーバーラッピング入門 (9)】

2018.12.28 | 岩村圭南

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

連載最終回。長めのダイアローグ(A-B-A-B)を使ってオーバーラッピング。まず、Part A(2回)。次にPart B(2回)。仕上げに一人二役で音読!今回はワンポイントアドバイスはありません!そっくり真似るつもりで言ってみましょう。
《練習の流れ:ポーン音→会話(A)→会話(A)→会話(B)→会話(B)→音読》

20.
A: You'll have to excuse my poor English.
B: It sounds fine to me.
A: I study a lot, but I never learn.
B: Gee. Don't be so hard on yourself.

A: 下手な英語で申し訳ありません。
B: 私にはよくわかりますよ。
A: 一生懸命勉強しているんですけど、全然身につかないんです。
B: うーん、そんなに自分に厳しくしちゃダメですよ。



21.
A: Wow! What a roller coaster!
B: Uuuugh. I feel sick.
A: Let's ride it again. It was fantastic.
B: It turned my stomach upside down, inside out and backwards.

A: わーお!すっごいジェットコースターだったな。
B: ううううう。気持ち悪い。
A: もう一回乗ろう。すごかったよ。
B: 胃が大変なこと(ぐちゃぐちゃ)になってたんだから。



英語らしい話し方を身につける秘訣 …… それは …… とにかく真似て言ってみる。英語は真似るが勝ち!

良いお年を!
英語トレーナー 岩村圭南

★『日刊 英語の筋トレ』記事更新再開は1月7日(月)の予定です。

▷オーバーラッピング本をチェック!◁
⇒『絶対話せる!英文法』