岩村圭南

【英語は真似るが勝ち!─ オーバーラッピング入門 (8)】

2018.12.26 | 岩村圭南

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ダイアローグを使ったオーバーラッピングの続き。練習の仕方は前回と同じです。まず、Aのパートをオーバーラッピング(2回)。次に、Bのパート(2回)。仕上げは、AとBの会話を一人二役で音読。
《練習の流れ:ポーン音→会話(A)→会話(A)→会話(B)→会話(B)→音読》
▷印:ワンポイントアドバイス

18.
A: Do you play any sports?
B: Yes. I've always liked basketball.

▷A: Do, play, sportsにストレス(強弱リズム)。
B: [l]の発音を意識。

A: 何かスポーツはしてる?
B: ああ。ずっとバスケットボールが好きでね。



19.
A: I wish I could help you lift those boxes.
B: Is your back hurting again?

▷A: wish, help, lift, boxesにストレス。
B: hurting again⇒「ハーティンアゲン (↑)」。

A: その箱持ち上げるの手伝ってあげたいんだけどね。
B: また背中が痛むの?



自然なリズムで言えるようになるまで、オーバーラッピングを繰り返しましょう。仕上げの音読も忘れずに!

それではまた。《次回は12/28(金)》
英語トレーナー 岩村圭南

▷オーバーラッピング本をチェック!◁
⇒『絶対話せる!英文法』