ドローン操縦プログラミングブック ―for Android, Parrot社 ARSDK対応 プレミアムブックス版

  • 著作者名:株式会社 車輪の再発見
    • 書籍:3,456円
    • 電子版:3,456円
  • B5判:304ページ
  • ISBN:978-4-8399-5917-3
  • 発売日:2018年08月01日
  • シリーズ名:プレミアムブックス
  • 備考:オンラインストア限定販売
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

内容紹介

ドローンを自由自在にプログラミング!

フランスのパロット社から出ているドローンを操作するプログラムを開発するための本です。
オープンソースの「ParrotSDK」(ARSDK)を使用し、Android端末用アプリケーションをJava言語により開発します。

◆対応ドローン
Anafi / Bebop2 / Mambo/ Swing / Airborne Night / Cargo / Hydrofoil Orak / Rolling Spider / Bebop

ドローンは教育、農業、測量、物流、映像、芸術、セキュリティなど、
さまざまな分野の垣根を軽々と飛び越えた新たなビジネスを生み出しています。
ドローンを自由自在に飛ばし、そこからの機体のセンサーデータやライブ映像を取得し、
意のままにコントロールできたら、ドローンの可能性は無限に拡がります。

しかしながら、ゼロからドローンの制御を行うには、ソフトウェアだけでなくハードウェアについても
広範囲な知識と技術・ノウハウが必要です。
そこで本書では、パロット社の機体を優れたハードウェアの教材とし、
機体へアクセスするためのライブラリであるARSDKの使用方法、機体のセンサーデータの取得、
ライブ映像の取得・映像解析・飛行指示などを、制御アプリの制作を通して解説します。

さらに、専門家でなくてももっと楽しく簡単にドローンを操作できるよう、
声でドローンを操作できる音声コントロールについても解説しています。
購入者特典として、その際の応答ボイスデータ(声優による吹き込み)がダウンロードできます!

※応答ボイスデータ:人がドローンに「離陸」と言ったら、「離陸します」と返事をしてから
離陸するようにプログラミングする場合、その「離陸します」という音声ファイル。

★購入者特典★
音声コントロールの際の応答ボイスデータ200種類以上のダウンロード。
声優による吹き込みです!
キリッとした女性ボイスの他に萌え声ボイスもあります♪


■本書の構成
Chapter 1 そうだ!ドローンの制御アプリを作ってみよう
Chapter 2 ARSDK詳細
Chapter 3 実際の処理例
Chapter 4 いざアプリを作ってみましょう
Chapter 3 ライブ映像を取得する
Chapter 4 いよいよ待望の映像処理
Chapter 5 ライブ映像の解析
Chapter 6 その他重要なこと
Appendix 1 Parrot SDK
Appendix 2 ボイス一覧

続きを読む

商品を選択する

フォーマット 価格 備考
書籍(受注生産) 3,456 受注生産のため、決済完了から約10日後の発送となります。
PDF 3,456 ※ご購入後、「マイページ」からファイルをダウンロードしてください。
※ご購入された電子書籍には、購入者情報、および暗号化したコードが埋め込まれております。
※購入者の個人的な利用目的以外での電子書籍の複製を禁じております。無断で複製・掲載および販売を行った場合、法律により罰せられる可能性もございますので、ご遠慮ください。

電子書籍フォーマットについて

  

目次

『ドローン操縦プログラミングブックーfor Android, Parrot社 ARSDK対応 プレミアムブックス版』目次

まえがき

Chapter 1 そうだ! ドローンの制御アプリを作ってみよう

1.1 飛ばすだけで満足ですか?
1.2 こんなことができる。かも!?
1.3 そうだ! ライントレースしてみよう
1.4 いきなりそんなのは自信がありませんって人
1.5 アプリの開発・ビルド環境について


Chapter 2 ARSDK詳細

2.1 ARSDK 詳細について
2.2 ARSDK の内部構造
2.3 ARSDKで何ができるの?
2.3.1 できること6つ
2.3.2 機体情報
2.3.3 機体設定
2.3.4 機体の制御
2.3.5 メディア関係
2.3.6 ライブ映像
2.3.7 その他
2.4 ARSDK のAPI 解説
2.4.1 列挙型の命名規則
2.4.2 非同期実行
2.4.3 新旧API
■従来のAP(I ARCommandクラス)を使う場合
□従来のAPIでのコールバック処理
■新しいAP(I ARControllerクラス)を使う場合
□新しいAPIでのコールバック処理


Chapter 3 実際の処理例

3.1 実際の処理例について
3.2 処理手順
3.3 機体の検出・接続処理
3.3.1 機体の検出処理
3.3.2 接続処理
3.4 切断処理
3.5 コールバック処理
3.5.1 コールバック処理について
3.5.2 コールバックの登録・登録解除
3.5.3 ARDeviceControllerListener#onStateChanged
3.5.4 ARDeviceControllerListener#onExtensionStateChanged
3.5.5 ARDeviceControllerListener#onCommandReceived
3.6 コマンド送信
3.6.1 初めてのコマンド送信
3.6.2 日付・時刻設定コマンド送信
3.6.3 操縦コマンド送信
3.7 制御


Chapter 4 いざアプリを作ってみましょう

4.1 サンプルアプリの概要
4.2 サンプルアプリのソースコードについて
4.3 プロジェクト作成
4.3.1 プロジェクト作成について
4.3.2 AndroidManifest.xml
4.3.3 arflightモジュールを追加
4.3.4 画面作成
■デバイス探索・接続用の画面を作る
4.4 飛ばしてみる。飛んだ?


Chapter 5 ライブ映像を取得する

5.1 ライブ映像取得用のコールバック処理
5.2 ライブ映像取得の有効/無効を切り替える.
5.3 デコード処理
5.3.1 デコード処理について.
5.3.2 h.264デコーダーの初期化処理
5.3.3 映像の表示方法と解析用映像データの読み取り...
5.3.4 機体からのライブ映像を取得する
5.4 ライブ映像の解析
5.4.1 ライブ映像の解析について
5.4.2 まずは飛ばす場所
5.4.3 処理内容の概要を決める
5.4.4 映像の前処理
5.4.5 Android上で行うことが出来る映像処理
5.4.6 OpenCVをネイティブライブラリから使えるようにする
5.4.7 OpenCVライブラリを取得する
5.4.8 OpenCV 用のモジュールを追加する
5.4.9 Android Studioでのネイティブライブラリのビルド設定を変更する
5.4.10 ライブ映像をcv::Matとして取得する
5.4.11 PBO(Pixel Buffer Object)を使う
■ PBOの生成
■ PBOを使ったフレームバッファの非同期読み込み
■ PBOの破棄処理


Chapter 6 いよいよ待望の映像処理

6.1 機体側のカメラ設定を調整する
6.2 Android SDK 標準の映像フィルター処理
6.2.1 Media Effect API (android.media.effect)を使う
6.2.2 Media Effect API の詳細
■ EffectContextクラスのメソッド
■ EffectFactoryクラスのメソッド
■ Media Effect APIで使用可能な映像効果
■ Effectクラスのメソッド
■ Media Effect APIの使い方
■ Media Effect APIの使い方:コードスニペット
6.2.3 SDK 標準の映像処理API のラッパークラスを作る
6.3 OpenGL | ES(GPU/フラグメントシェーダー)での映像処理
6.4 フラグメントシェーダーでの畳み込み演算による映像処理
6.5 カーネル行列を使わないGPU/シェーダーでの映像処理
6.6 OpenCVでの映像前処理
6.7 サンプルアプリでの映像前処理


Chapter 7 ライブ映像の解析

7.1 ネイティブ側での処理
7.1.1 ネイティブ側での処理について
7.1.2 グレースケール変換
7.1.3 輪郭線検出
7.1.4 ライン判定処理
7.2 ネイティブ側からJava側へデータを引き渡すには
7.3 解析結果から機体をどのように動かすかを決定する
7.4 追随性を高めるために


Chapter 8 その他重要なこと

8.1 注意書き
8.1.1 法令遵守
8.1.2 安全確保
8.1.3 飛行前点
8.2 もっと頑張りたい人は(あんなことこんなこと)
8.2.1 もっと高度な制御をしたい人は
8.2.2 楽しくみんなで遊べるアプリ
8.3 こんなこともしてみた
8.3.1 音声認識で飛ばしてみる
■ Androidでの音声認識処理
■音声認識結果を飛行コマンドに変換
■音声フィードバックを行う
□ フィードバック用音声ファイル一覧
8.3.2 シンクロ飛行させてみる
8.3.3 Scratch 2.0でドローンをプログラミング飛行させてみる
■ Scratch 2.0に飛行コマンドを追加する
8.4 最後に
8.5 補足
8.5.1 OpenGL| ES、EGL操作用のクラス
■ GLHelperクラス
EGLBaseクラス
■ Texture2dProgramクラス
■ FullFrameRectクラス
■ TextureOffscreenクラス
■ EglTaskクラス
■ GLTextureViewクラス
8.5.2 それ以外のクラス
■ Vectorクラス


脚注


Appendix 1 Parrot SDK

概要(General information)
使い方(How to use)
プロジェクトの作成(Creating a project)
iOS
Android
サンプルを使う(Use samples)
iOS
Android
コーディングの開始(Start coding)
ドローンを見つける(Discover the drones)
デバイスコントローラーのセットアップ(Setup a device controller)
離陸(Taking off)
着陸(Landing)
操縦(Piloting)
ビデオストリーミングの開始(Start video streaming)
写真撮影(Taking a picture)
画像、ビデオのダウンロード(Download pictures and videos)
メッセージリファレンス(Messages reference)
より詳細に(Go deeper)
全てのソースのダウンロード(Download all sources)
構成(Organisation)
ARSDK_MANIFESTS
ARSDK_PRODUCTS
ARSDKBUILDUTILS
ARSDK-XML
LIBARCOMMANDS
LIBARCONTROLLER
LIBARDATATRANSFER
LIBARDISCOVERY
LIBARMAVLINK
LIBARMEDIA
LIBARNETWORK
LIBARNETWORKAL
LIBARSTREAM
LIBARSTREAM2
LIBARUPDATER
LIBARUTILS
LIBMUX
LIBPOMP
SAMPLES
SDK のビルドの方法(How to build the SDK)
必要な外部ツール(Required external tools)
一般的なビルド(General Build)
Unixでのビルド(Unix Build)
IOSでのビルド(iOS Build)
iPhoneシミュレータでのビルド(iPhone Simulator Build)
Androidでのビルド(Android Build)
クリーン(Clean)


Appendix 2 ボイス一覧

01 女性
02 萌え
03 イケボ
04 やさぐれ

この商品を買った人はこんな商品も買っています


最近チェックした商品

Tポイント利用手続き

         Tポイント利用手続きに関する同意事項

                                株式会社マイナビ出版

株式会社マイナビ出版が提供するマイナビBOOKSにおいてTポイントご利用続きをされる方は、以下に掲げるお客様の個人情報の取り扱いについてご確認の上、ご同意下さい。

マイナビBOOKSにおいてTポイントサービスをご利用いただいた場合に、当社から、次に掲げる<提供情報>を、<提供目的>のためにカルチュア・コンビニエンス・クラブ株式会社(以下「CCC」といいます)へ提供します。

  <提供目的>:CCCの定める個人情報保護方針及びマイナビBOOKSにおけるT会員規約第4条に定める利用目的で利用するためTポイントサービスを利用するため
  <提供情報>:
   1)お客様が【マイナビBOOKS】の正当な利用者であるという情報
   2)ポイント数・利用日
   3)その他、Tポイントサービスを利用するにあたり必要な情報

  <提供方法>: 電磁的記録媒体の送付またはデータ通信による。ただし、提供するデータについては暗号化を施すものとする。

なお、CCCに提供された、以下の情報の利用については、CCCの定める個人情報保護方針及びT会員規約 に沿って取り扱われます。
上記の情報提供の停止をご希望される場合には、【マイナビBOOKS】におけるTポイント利用手続きの解除を実施していただく必要があります。
Tポイント利用手続きの解除、およびTポイントサービスにおける個人情報に関するお問い合わせ先は、以下のとおりです。
お客様お問い合わせ先:Tサイト(http://qa.tsite.jp/faq/show/22612)

 なお、Tポイント利用手続きの解除が完了しますと、マイナビBOOKSにおけるTポイントサービスをご利用いただけなくなりますので、予めご了承ください。

Tポイント利用手続きを行いますか?