100冊以上のマイナビ電子書籍が会員登録で試し読みできる

法律事務所×家事手伝い7

【第13回】心の色

2017.05.23 | 川口世文

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

13 心の色

 

キワコが警官と話をしているあいだに、〝さやか〟と呼ばれた若い娘が書類の記入を終えて出てきた。花梨は交番の外で、あざみといっしょに待っていた。
「……被害にあった喫茶店には必ず出向いてください。向こうは被害届は出さないっていっているから、警察はこれ以上は関わらないけれど、無罪放免になったと軽々しく思ってもらっちゃ困るよ。あんたからも厳重に注意してやりなさいよ」
男性警官が最後にそういって、ようやく彼らは解放された。
腫れ物に触れてはいけないと自分を戒めているみたいに〝さやか〟から離れて立っているあざみに、キワコがいった。

続きをご覧いただくには、会員登録の上、ログインが必要です。
すでにマイナビブックスにて会員登録がお済みの方は下記の「ログイン」ボタンからログインページへお進みください。

  • 会員登録
  • ログイン