100冊以上のマイナビ電子書籍が会員登録で試し読みできる

文芸 >> 詩歌


なまこサバイバル

39756_ext_02_0.png

野村喜和夫初めての電子詩集

現代詩歌の実験的作品制作ブログ「日々が紙から飛びだして」に連載された「なまこサバイバル」を電子書籍化。戦後世代を代表する現代詩人・野村喜和夫初めての電子詩集。全20篇を収録。

  • 書籍を購入する

目次

 

【第1回】なまこサバイバル

【第2回】魂は飛ばない

【第3回】きわめて歌うように
【第4回】サヤのほうへ
【第5回】うどん論
【第6回】こねこねぱにっく
【第7回】あたらしいヒトの?き方
【第8回】不不不
【第9回】ニチリンヒトデと戦うこと
【第10回】パッサル、パッサル
【第11回】なまこノート
【第12回】寄る辺
【第13回】てろめあてろめあ
【第14回】いにしえのAV女優たちのバラード
【第15回】たまには口をOのかたちに
【第16回】ジャワのランボー
【第17回】東野炎立
【第18回】病院は出口だ
【第19回】なまこ連?
【最終回】なまこサバイバル(続)

 

のむらきわお

野村喜和夫

1951年埼玉県生まれ。早稲田大学第一文学部日本文学科卒業。戦後世代を代表する詩人のひとりとして現代詩の先端を走りつづけるとともに、小説・批評・翻訳なども手がける。著訳書多数。