100冊以上のマイナビ電子書籍が会員登録で試し読みできる

【記事】文芸一覧

文芸
小説  |
エッセイ  |
詩歌  |
戯曲・シナリオ
実用書
ビジネス  |
暮らし・子育て  |
語学・教養  |
コンピュータ  |
将棋・囲碁  |
地図・ガイド
スポーツ
ゴルフ
コミック
写真集・イラスト集
写真集  |
画集・イラスト集
その他
  • エッセイ

    【第1回】守護霊とは?

    守護霊とは?
    守護霊さんってどういう存在か
    ご説明しますと
    私の能力は
    守護霊さんと話す力なのですが
    守護霊さんとは
    前世の記憶チップを持った
    相談者さんの
    最も高まった意識そのものです。

  • エッセイ

    【第0回】まえがき

    たくさんの合コンに参加して多くの男性を見てきたこともあり、合コンスタートの会話の出だしから『わざわざ場を白けさせる勘違い男』を1分以内に発見出来る特異体質になってしまいました。
    どんなにタイプや条件がロイヤルストレートフラッシュ! でも会話のセンスがゼロな男には、良い女は寄ってこないです。
    実は一番女性が嫌う男性の特徴は、「会話が合わない」「会話のセンスがない」男性です。

  • エッセイ

    【第0回】はじめに

    はじめまして、合コンプランナーの安藤京花です。 わたしは根っからの『お世話好き』。ひょんなことから合コンをセッティングすることに喜びを感じてしまい、気づいたらその数3,000回以上! 多くの人々と、合コンを通じてお会いすることが出来ました。

  • エッセイ

    【第0回】まえがき

    非モテ男性として未だ彼女イナイ歴を更新し続けるFさんは、30代後半のアパレル会社の会社員。見た目はフットサルを趣味にしているだけあって、日に焼けて筋肉も鍛えている中々のスポーツマンタイプ。
    パッと見「わ! イケメン! 彼女いるんだろうな~? モテるんだろうな~?」と思ってしまうほど。
    合コン最中も、見た目を裏切らない気の利いた会話で参加している女性たちを喜ばせ、女性陣はFさんに釘付け!

  • エッセイ

    【第1回】幼い頃、私は世界で一番偉かった。

    幼い頃、私は世界で一番偉かった。
    公務員の父のもとで男兄弟に挟まれて生まれた私は両親に溺愛され、欲しいものはすべて手に入る環境にあった。好きな時に好きなものを食べ、欲しかったおもちゃは駄々をこね、泣き叫び、兄弟をどつき、どんな手を使ってでも手に入れた。今、思うと、ものすごく調子に乗っていたと思う。自分は選ばれし人間で、世界で一番可愛いくて、だから世界で一番偉いと思っていた。

  • エッセイ

    【第1回】メールがシンプルな男はまっすぐ成功する

    非モテ男性として未だ彼女イナイ歴を更新し続けるFさんは、30代後半のアパレル会社の会社員。見た目はフットサルを趣味にしているだけあって、日に焼けて筋肉も鍛えている中々のスポーツマンタイプ。
    パッと見「わ! イケメン! 彼女いるんだろうな~? モテるんだろうな~?」と思ってしまうほど。
    合コン最中も、見た目を裏切らない気の利いた会話で参加している女性たちを喜ばせ、女性陣はFさんに釘付け!

  • エッセイ

    【第1回】モテ男は女性のコンプレックスをフォローできる

    Bさん(38歳)秘書?の男性です。ボディーガードのようながっしりした体つきに大きな声が、体育会系のBさんの性格を物語っています。
    そんなBさんには、男性の友人はたくさんいるのに女性となるとどうにもこうにも、浮いた話がありません。それもそのはず、Bさんは見た目の男らしささながら、「超」がつくほどの空気が読めない無神経男子なんです!
    女性との会話ではいつもこんな調子。

  • エッセイ

    【第1回】会話の出だしがさり気ない褒め言葉だとモテる!

    たくさんの合コンに参加して多くの男性を見てきたこともあり、合コンスタートの会話の出だしから『わざわざ場を白けさせる勘違い男』を1分以内に発見出来る特異体質になってしまいました。
    どんなにタイプや条件がロイヤルストレートフラッシュ! でも会話のセンスがゼロな男には、良い女は寄ってこないです。
    実は一番女性が嫌う男性の特徴は、「会話が合わない」「会話のセンスがない」男性です。

30/30