書籍発刊記念イベント「二〇一四 アセンブラ短歌詠みはじめ」登壇者のご紹介です


2014年1月20日月曜日 19時より開催いたします「31バイトでつくるアセンブラプログラミング」書籍発刊記念イベント、お席がまだございます。下記ATNDよりお申し込みお待ちしております。
 
http://atnd.org/event/E0022328
 
当日、ATNDより発行されました申し込み済みのメール(チケット)を入り口受付にてお見せください
 
会場ですが、東西線竹橋駅、パレスサイドビル側出口で降りていただき、左手の西コアエレベータより2階におあがりください。
2階 にあがっていただいてからは廊下をまっすぐ進み図の「U」の部屋が会場となります。
 


 
マイナビルームについてはこちらの説明もご参照ください。
http://www.mynavi.jp/company/map/mynavi-room/top.htm
 
ご来場お待ちしております!
 

<講師プロフィール>

坂井弘亮 (さかいひろあき) 
アセンブラ短歌創始者.会心の出来だったのはアセンブラ短歌でのQuine.好きな命令はxchg(短歌で使えそうだから).アセンブラネタで他にも何かできないか,日々模索中.

 
愛甲健二 (あいこうけんじ)
アセンブラ短歌,歌人のひとり.Assembler Tanka on Javascriptの開発者.アセンブラ短歌は見てるだけでも楽しいが,本当に楽しいのは作っているときだと思う.

 
松田和樹 (eagle0wl) (まつだかずき)
存在自体がイロモノ担当.某所でアセンブラ短歌のLTを聞いて大爆笑したことを切っ掛けとして,今回の企画に参加.普段はx86やARMに触れているが,ここ数年前からレトロ機に興味を持つと同時に8bitCPUに関心を持つ.

 
坂井丈泰 (さかいたけやす)
コンピュータとは子供の頃にPC-8001に触れて以来の付き合い.その昔はアセンブラでアセンブラを書いたり,自作ROMライタでワンチップマイコンを動かしたりしたけれど,今は昔.専門は電子航法.

 
竹迫良範 (たけさこよしのり)
メモ帳でアセンブラ短歌を書く会.はじめて触ったコンピュータはFM TOWNSの32bit世代.最近は学研の4bitマイコンで遊ぶ.趣味はCPUの命令セットマニュアルを眺めること.

 

カテゴリ: お知らせ, セミナー/イベント