9路盤から19路盤への橋渡し「決定版!入門その後の最速上達法」

9路盤から19路盤へステップアップする際にありがちな悩み──

 

盤面が広すぎて、どこに打てばよいか分からない…

上手との置き碁でもどんどん石を取られ、全く勝てない…

生きていると思っていた石が実は死んでいた…

 

そのような初級者の悩みに答える書籍が発売されます!

決定版!入門その後の最速上達法

著者はアマチュアへの囲碁普及で、囲碁界随一の実績を誇る石倉昇九段。
本書はルールのおさらいから始まり、布石の考え方、基本定石、石の死活など、一局の碁を打つのに必要な基本的事項を網羅しています。

本書では19路を打つうえで、初めに6つの法則を紹介しています。この法則を知っているだけで、途端にそれらしい碁の進行になるのが驚きです。

 

また、基本的事項から少し発展した項目があるのも本書の特徴です。
例えば、「キリチガイ」への対処法。
「キリチガイ、一方ノビよ」という格言もありますが、それでうまくいかない時もありますよね。
本書では以下のように整理しています。

なるほど!分かり易い!
そのほか、「打ち込み」を局面別に分類している項目などは有段者でも参考になると思います。

 

 

「この一冊をマスターすれば、上級者への道も開ける」と石倉九段は述べています。
19路盤初級者だけでなく、基本をもう一度見直したい方にもお勧めです。
発売は5月23日となります。

カテゴリ: 新刊案内, 編集部から