978STORE

【978STORE キュー・ナナ・ハチ ストア】は市販書籍の電子版・電子オリジナル書籍・オンデマンド書籍が買えるお店です

購入形態

PDF
1,545円
数量:

カートに追加されました。カートを見る

カートに入れる
紙の本を買う

やさしく語る 碁の大局観

マイナビ出版

やさしく語るシリーズ第3弾! 「碁の大局観」

「やさしく語る」シリーズの第3弾。本書のテーマは「大局観」です。
大局観とは、局面を正しく判断する能力のことで、着手を決める上での指針となるものです。
「小さい石を取ることにこだわり、相手に大場に打たれてしまった」
「自分の弱いところで戦いを仕掛けて、結果ツブレてしまった」
「守るべきところを守らず、結果相手に攻められてしまった」
よくある失敗例で、誰もが経験したことがあると思います。
どこが大きいところか、石の強弱関係はどうか、手を抜ける箇所かどうか。正しい大局観を身につけることで、これらの正解を導いていくことになります。

「大局観」というテーマ自体も珍しいですが、本書の特長は「置碁」を題材としている点です。置碁は常に全体を見て作戦を考える必要があるので、大局観を磨くにはぴったりだと白石七段は言います。

また、白石七段はこうも言っています。
「置碁はうわ手の無理手が原因で、どちらも楽しめず上達にもつながらないケースも多いと感じています。正しい大局観を身につけることで、重要な上達ツールである置碁を楽しんで打てるようになって欲しい」

前作2冊を凌駕する力作。楽しく上達したい、という方は是非手にとってみてください。

発売日:2018-05-23

ページ数:224ページ

著者プロフィール

  • 白石勇一(著者)

    (しらいし・ゆういち)

    昭和59年生まれ。神奈川県出身。岩田一九段門下。
    平成17年入段。30年七段。

    平成13年 第25回全国高校選手権優勝
    平成15年 第47回全日本学生本因坊優勝
    平成22年 第35期新人王戦で優勝し、初タイトル獲得

絶賛!発売中!

書籍一覧へ