978STORE

【978STORE キュー・ナナ・ハチ ストア】は市販書籍の電子版・電子オリジナル書籍・オンデマンド書籍が買えるお店です

購入形態

PDF
1,630円
数量:

カートに追加されました。カートを見る

カートに入れる
紙の本を買う

ハイク・ガイ

三和書籍

2000 年に米国て?出版以来、世界て?愛されてきたロン ク?セラー「俳句小説」を本邦初訳。伝統的な俳句と現 代小説の要素を掛け合わせ、フィクションをよそおっ た「句作マニュアル」て?ある。

本書は俳文ではありません。著者であるラヌー氏は「俳句小説(ハイク・ノベル)」と呼んでいます。著者が試みたのは伝統的な俳句と現代小説、それぞれの要素を掛け合わせることでした。別の観点では、これはフィクションをよそおった「句作マニュアル(ハウ・トゥ・ライト・ハイク)」でもあります。日本が誇る俳句マスター小林一茶(英語版では「一杯の茶Cup‐of‐Tea」)が、時は江戸時代から現代アメリカ、場所は一茶の生まれ故郷・信濃から、ニューオーリンズ、ネブラスカをへて、また日本各地へ、縦横無尽な奔放さで活躍する、コミカルでスピード感ある物語です。

発売日:2009-05-10

目次

日本語版への序文

第一部
1.むかしむかし……
2.デッパ
3.止まる、見る、聴く
4.カガのお殿さま
5.書く
6.カガのお殿さま(つづき)
7.老いらくの
8.創作グループ
9.花火
10.振り返らない
11.文楽劇場
12.俳句日記
13.白、黒、緑
14.自然は止まるものにあらず
15.名月に乾杯!
16.クロからデッパへ、句作についての助言
17.名月の夜のあなた
18.ミドからデッパへ、句作についての助言
19.ネズミなど、小さなものたち
20.年忘れ

第二部
21.デッパの目覚め
22.ともかくもあなた任せ
23.避け得ないこと
24.南へと向かう
25.歳時記の季
26.長崎
27.異人
28.創作グループで自殺について考える
29.デッパの同年後半の日記から
30.デッパ、現代のニッポンからの旅行者に扮してニューオーリンズを訪問 
31.さらにデッパの日記から
32.シロからデッパへ、句作についての助言
33.ゼンコウ寺
34.デッパの帰郷
35.連歌の会
36.ニッポンでの私
37.故郷でのデッパ
38.パフィン版の翻訳
39.せめぎ合う象徴
40.わがニッポン滞在記から

第三部
41.世捨てびとカガ
42.九月のある日曜日
43.スモモ太夫の浮世
44.入れ墨
45.新たなる血
46.飛び入りゲスト執筆者たち
47.セックスの章
48.マリー夫人
49.最終章

解説

著者プロフィール

  • デイヴィッド・G. ラヌー(著者)

    1945 年、ネブラスカ州オマハ生まれ。1981 年にネブラスカ州立大学で英文学博士号を取得。現在、ニューオーリンズにあるゼイヴィア大学英文科教授。俳句作家でもあり、欧米や東欧の俳誌に俳句や俳句に関する論文を執筆している。ニューオーリンズ俳句協会の創設者の一人であり、アメリカ俳句協会の活発な会員でもある。
    ラヌー氏が20 年以上かけて英訳した一茶俳句は今や9000 句に及び、彼のウェブサイトで一茶俳句がキーワードから検索できる。
    著作に『一茶:一杯の茶の詩 Issa : Cup-of-Tea poems』(1991)、『浄土の俳句:僧侶一茶の芸術 Pure Land Haiku : The Art of Priest Issa』(2004)など。

  • 湊圭史(翻訳)

    1973 年生まれ。英文学研究者。大学講師。

絶賛!発売中!

書籍一覧へ